共架のお知らせ : 2019年4月より東電タウンプランニングで共架業務のお申込みを承ります

詳しくはこちら
公式Facebook トピックス よくあるご質問 お申込み・お問い合わせ

多摩総支社 設計部 鈴木 千尋

人の暮らしに必要不可欠な電気に関わり、 社会を支えていきたい!

人の暮らしに
必要不可欠な電気に関わり、
社会を支えていきたい!

文学部を卒業後、2017年4月に入社。新入社員集合研修後は、八王子市にある多摩総支社 設備部設計グループに配属されました。最初はわからないことだらけでしたが、一つ一つ知識を身につけてきました。2年目に突入し、先輩に支えられながらも少しずつ1人でできる仕事が増えてきています。

 

入社理由

電気の公共性の高さとその大切さを痛感し、人の役に立つ重要な仕事に携わりたいと思いました

電気関係の仕事をしている親族が周りに多く、幼いころから電気の大切さを感じていました。そのため、私も将来は電気を通して社会に貢献したいと思っていたところ、東日本大震災があり電気の公共性の高さを改めて痛感しました。
その中でも、私たちの暮らしに一番身近な配電設備に興味を持ち、入社しました。電気を絶え間なく送り続ける配電設備を通して、人々の暮らしを支えていきたいと思っています。

電気の公共性の高さとその大切さを痛感し、人の役に立つ重要な仕事に携わりたいと思いました
鈴木 千尋

仕事内容

一人一人に電気をお届けする配電設備設計

私は電気を送るための配電設備の改修・新設・供給などの設計業務を担っています。
設計と聞くと室内で作業をするイメージが多いかと思いますが、当社の配電設備の設計は、お客さまから依頼された内容に対してまず社内で改修方法の事前検討を行い、現場調査へ出向し、検討した改修方法で工事が行えるかを判断します。現場で判断した改修方法を、社内で東京電力の独自のシステムを使って設計をするというようなサイクルで業務を進めていきます。5~6人程度でチームを組み、地域を分けて担当しています。先輩社員の現場調査に同行しながら、注意事項やノウハウを細かく教えてもらい、1日でも早く1人で設計ができるように日々たくさんの知識を吸収しています。

印象に残っている仕事

初めて交渉し、設計した現場が竣工した時

電柱を建てる際、その土地の状況に応じて、道路に建てるのか、お客さまの所有している民地に建てるのか、民地だった場合、民地のどこに配置するのか、非常に重要なポイントになります。
土地の所有者と電柱を建てる位置の細かい調整などを行っていく中で、なかなか交渉がまとまらず苦労しました。粘り強くご説明と検証を重ね、一生懸命取り組んだからこそ、初めて自分が交渉し、設計した配電設備が出来上がった時は、達成感とやりがいを感じました。
システム上で時間をかけて作った図面通りに設備が完成する様子も非常に感動しますが、私が作った電気の道がお客さまの家に届けられて役に立ててると思うと「この仕事に就いてよかった」と思います。

今後の目標

責任を持った設計をしていきたい

電気の安定供給を続けるためにも安心・安全な設備形成の設計ができるよう、いろいろな経験を積みながら積極的に取り組みたいです。
配電設計には規定があります。もし、それを守らず設計してしまうと事故のもとになってしまうこともあるので、配電設計は人の命にかかわる、非常に責任の大きな仕事だと感じています。
だからこそ、確実に設計の知識とスキルを身につけ、後輩にも自信をもって教えられる先輩になっていきたいです。

ONEDAY SCHEDULE

始業

現場調査の準備(内勤の日は設計業務を開始)。
設計書の納品日を考慮しながら現場へ出向します。

現場調査

現場へ出発。移動の多くは社用車です。
慣れるまでは助手席に乗って、先輩に同行します。

お昼

先輩達と楽しい話をして、ほっと一息。
いつもフレンドリーに話しかけてくれる先輩ばかりです。

現場調査再開

中断した調査を再開(内勤の日は引き続き設計業務や打ち合わせをします)。

帰社

帰社。持ち出した設計書の整理などを行います。

退社

若手社員でも本人にスケジュール管理を任せてくれるため、自分のペースに合わせて、仕事を調節しています。

MESSAGE

文系出身でも活躍できるフィールドです!

文系出身ということもあり、入社前は周りについていけるか不安でいっぱいでした。電気の知識がほとんどない状態で入社をしましたが、配属前に行われる集合研修の内容が濃く、文系の私でも設計を理解できる充実したカリキュラムになっていたため、しっかりと知識を身につけることができました。
配属後も先輩社員がつき、一緒に業務を行うことで日常を通し学ぶことができるOJTと呼ばれる研修が続きます。先輩社員がとても気にかけてくれるので非常に心強いです。先輩のサポートや、一任していただいた仕事を通して毎日成長できる環境なので、どなたでも充分活躍できるフィールドです!

鈴木 千尋

新卒採用のエントリーはこちら

マイナビ2020 キャリタス就活2020

新卒採用のエントリーはこちら

マイナビ2019 キャリタス

まちづくりを支える社員