東京電力グループ

電力の安定供給を支え、ゆたかで潤いのある安全なまちづくりに貢献します。

採用情報

先輩社員インタビュー

[配電事業]

鈴木 千尋 多摩総支社設備部設計グループ
2017年入社 文学部人文学科卒業
人々の暮らしに貢献できたときの感動が忘れられません

電気は人々の暮らしに必要不可欠であり、公共性も高い為、私も人の役に立てるような重要な仕事に携わりたいと思い、東電タウンプランニングに入社しました。
現在は、設備部設計グループに所属し、電柱電線などの配電設備の設計業務を行っています。
現場調査に行き、地域環境や地域の人の事を考え、電柱が邪魔にならないような場所を検討したり、安全面などにも細心の注意を払ったりしながら検討を行い、設計書を作成していきます。
様々なことに配慮しながら自分なりに考えた設計だからこそ、設計書通りに竣工した現場をみると、達成感がこみ上げてきます。私が作った電気の道を通りお客様の家に電気がついているのを初めて見たときは、人の暮らしに貢献できるやりがいを実感して、とても感動しました!

充実した研修体制に感謝しています

電気の知識が乏しい状態で入社し、周りについていけるか不安でいっぱいでした。しかし配属前に行われる集合研修の内容が濃く、計算が苦手な私でも設計を理解できる充実したカリキュラムになっていたので、しっかりと知識を身につけることができました。
配属後も先輩社員がつき、一緒に業務を行うことで日常を通し学ぶことができるOJTと呼ばれる研修が続きます。先輩社員がとても気にかけてくれるので、非常に心強く、先輩のサポートを通し、毎日成長している実感をしています。
電気の安定供給を続けるためにも安全な設備設計ができるように、積極的に取り組んでたくさんの経験を積みながら頑張っていきたいです。

[広告事業]

田中 理貴 千葉総支社広告部広告営業グループ
2017年入社 経済学部経済学科
電柱広告という珍しい広告媒体のやりがい

大学時代のアルバイトでチラシを作り地域に配布した機会があり、広告の素晴らしさを感じた経験から広告の仕事に携わりたいと思いました。意識して周りを見渡してみると、街には想像以上に電柱広告が溢れていることに実感し、街にあった電柱広告を掲出することで地域の人々の役に立つ仕事ができると思い、入社を決めました。
現在は、電柱広告の製作から取付までの工程管理業務、各種印刷物の発注や管理、お客様に電柱広告のご提案に必要な現地調査、資料作成などを行なっています。
電柱広告は道路上に掲出できる珍しい広告媒体なので、公的なルールがあるのですが、そのルールの詳細などに関してまだわからないことも多く、苦労することや壁にぶつかることもありますが、マニュアルなどを自ら調べ、電柱広告が無事に掲出できた時は自らの成長を実感することもできるので、とてもやりがいを感じています。

電柱広告の計り知れない可能性を感じています

電柱広告は最近様々なタイプのものが誕生しています。例えば、シールを使って開業やスタッフ募集案内等、期間限定の情報を掲出できるスポットPRサービスというものがあったり、折り込みチラシなどの他媒体とのメディアミックスや代替としても活用できたりします。その他にも新しいタイプの電柱広告を検討しているので、秘められた可能性はまだまだ計り知れず、非常に面白い商材だと思っています。
将来は通行人の目を楽しませるような広告を考え、人に教えたくなり、調べたくなる話題性が生まれるような電柱広告を広げていくことが、私の目標です。
私はサッカーが好きなので、サッカーチームとコラボレーションした電柱広告を掲出できたらいいなと思っています。

[地中化・地域開発事業]

亀川 将史 地域開発カンパニーまちづくり事業第三部
2015年入社 理工学研究科建設工学専攻
無電柱化でまちづくりに貢献できる楽しさを感じています

もともと都市計画関係に興味があり、大学で再開発において無電柱化でまちづくりに貢献できることを知りました。そんな中、就職活動をしている時に東電タウンプランニングを知り、事業内容が自分の興味のある部分とマッチしていると感じたため、入社を決意しました。
現在所属しているまちづくり事業第三部では、主に電線共同溝(電気や通信用のケーブルを収容する地下埋設管路)の設計や、再開発に関連する電線共同溝整備を円滑に進めるためのコンサルティングや事務手続き支援、各インフラ企業との工事調整業務を行っております。
どうしたらきれいなまちづくりができるか電線共同溝などを通し検討をしていくので、日々業務を通しまちづくりに携わっている実感をしています。

地中化のプロフェッショナルになりたいです

電線共同溝整備では、電気・通信ケーブルの各企業だけでなく、水道・ガス・下水といった地下に埋設されているインフラ企業の方々、道路の持ち主である道路管理者の方々など、とにかくたくさんの方々と関わり、調整が必要となります。
プロジェクトを遂行する中で関係者の方全てに納得してもらわないといけない為、大変な時もありますが、お客様からの様々な要望に応え、成果を出したときは非常にやりがいを感じます。
他企業の方からは、電線共同溝のプロとして見られているので、わからない事や自分では解決できない事があった場合は、受け身ではなく自分から進んでやるべきことをやる意識を持ち、毎日頑張っています。様々な経験を積み、将来はなんでも任せてもらえるような地中化のプロフェッショナルになりたいと思っています。



採用担当者からのメッセージ

人の暮らしを支えるまちづくりのやりがいをみなさんと分かち合いたい

みなさん、こんにちは!採用や研修を担当している人財開発グループです。
この度は東電タウンプランニング㈱の採用ページにお越しいただき、ありがとうございます。

東電タウンプランニングの仕事は、
電気のあるあたり前の毎日のために、電気の道を設計する「配電事業」
電線類の地中化を推進し、魅力あるまちづくりに貢献する「地中化・地域開発事業」
電柱広告を通し、地域に貢献する「広告事業」を展開しています。

一見ジャンルの異なる事業を展開しているように見られることが多いのですが、どの事業も人の暮らしを支えるまちづくりをしています。街に溶け込み地域貢献をしているので、道を歩くと私たちの仕事が街中に溢れているため、私たちも毎日やりがいをもって働いています。

東京電力グループの一員として培ってきた高い技術力とノウハウがあることも当社の強みですが、当社の自慢はなんといってもアットホームな雰囲気です。
チームワークを大切にしている社員がたくさんいるからこそ、協力し助け合いながら仕事をするような社風があるのだと思います。

「まちづくりをしたい!」「人の役に立ちたい!」という熱意を持ち、やりがいをもって楽しく一緒に働きましょう!みなさまのご応募お待ちしています!



エントリー受付中!

マイナビ2019」及び、「キャリタス就活2019」にてエントリー受付中です。
みなさまのご応募を心よりお待ちしております。


マイナビ2019

キャリタス就活2019

※外部サイトへリンクしています。

  1. ホーム>
  2. 企業情報>
  3. 採用情報
ページの先頭